予防歯科のすすめ

予防歯科

歯は、虫歯・歯周病になってから治療するのではなく、虫歯・歯周病にならないように日常的な健康管理を行うことが何よりも大切です。


毎日の歯磨きとあわせて歯科医院での健診・ケアも承っておりますので、ちょっとしたお悩みや気になることなど何でもお気軽にご相談下さい。

予防歯科の診療項目

定期検診

歯と歯の間、歯茎との隙間など毎日歯磨きを行うだけでは、管理が行き届かない部分があります。

歯科医院による定期的な診察で、常に健康的な歯を維持することが大切です。

PMTC

PMTCは専用機器を用いて、普段の歯磨きでは届かない歯の奥の隙間までしっかりとケアします。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布することで虫歯の元となる酸やミュータンス菌の働きを抑え、再石灰化を促すことで歯質の強化へつなげます。フッ素は自然界に存在している"ごく普通な物質"なので、体への影響は心配ありません。

虫歯治療について

虫歯は初期段階での自覚症状があまりなく、痛みが発生して初めて気づくということがほとんどです。歯の疾患において最もありふれたものですが、安心してはいけません。一度罹患してしまうと、止まることなく進行を続けますので、できるだけ早期での発見と治療を心掛けることが非常に大切です。 

また、歯科医院にて定期的に検診を受けて頂くことで未然に防いだり早期発見を実現することができますが、わずかでも違和感を感じるという場合には、お早めに当院までご相談下さい。

歯周治療について

歯周病の原因について

歯周病の原因について

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。プラークは歯を磨かなかったり、磨き残しがあると、ねばねばくっついてくるもので、これは単に食べかすが溶けたものではなく、70%は細菌の塊なのです。

細菌やその毒素によって歯茎に炎症が起き、その結果として出血や膿、腫れなどが起こることで骨が吸収されます。ひどくなると、歯が長く見えたり歯がグラグラするなどの自覚症状が見られるようになります。

しかし、初期から中程度の歯周病が進行していたとしても自覚症状があまり無く、自分が歯周病に罹患していることにほとんど気づかず、最近では若い世代での疾患も増加傾向にあります。

「全身へ影響を及ぼす!?」歯周病のこわさ。

歯周病にかかっている人は、かかっていない人と比べて「狭心症」や「心筋梗塞」などの心疾患になりやすいことがこれまでの統計でわかっています。これは歯周病の菌が血管を通して心臓に悪い影響を及ぼしてしまうためです。他にも糖尿病をはじめとする様々な生活習慣病との関連性も報告されております。また、特に女性においては歯周病にかかっていると切迫早産や早産になる確立が6~7倍にまで増加することも報告されています。歯周病は自覚症状が薄いからこそ、より気をつけておかなければならない歯の疾患です。

歯周病予防のために

歯周病予防のために

歯周病予防のために、まず大切なのはプラークコントロール。毎日歯磨きを欠かさず行うことが大前提です。

また、自覚症状が少ない病気なので自分で行うブラッシングだけでなく、歯科医院で定期的な口のケアを行うこともおすすめします。

「かかってから治療するのではなく、かからないようにしておく。」これを常に意識するように歯の健康を管理して下さい。

小児歯科のご案内

小児歯科のご案内

「そのうち抜けてしまう乳歯。」

 小さなお子様の歯は、大人と同じように考えてはいけません。

「虫歯」は、罹患することが当たり前のように思われがちですが、お子様の場合は進行が早いので、単に歯磨きをさせるだけでなく

お父さん・お母さんが毎日しっかりと口の中を管理してあげることが大切です。 幼少期・成長期において、乳歯の歯列・健康状態は顎の成長と伴っており、永久歯列の形成に大きな影響を及ぼします。大人になってからの綺麗な歯並び、健康状態をつくりあげるために、小さな頃からしっかりと準備を整えてあげましょう。

取扱クレジットカード

取扱クレジットカード
取扱クレジットカード

アクセス

〒849-0102
佐賀県三養基郡みやき町蓑原1039-1
TEL/FAX 0942-94-3492
駐車場    8台有り

ネット予約はこちら