義歯(入れ歯)・詰め物等

義歯とは?

義歯とは?

義歯(入れ歯)は、歯そのものが欠損または失ってしまった場合にその部分を補うためのもので、治療法や部位により様々な種類があります。

基本的には保険適用での治療となりますが、審美性を高めたものなど自由診療での義歯治療も行っておりますので、治療内容と患者様のご希望に合わせた診療を行います。

義歯を使った主な治療法

部分入れ歯
部分入れ歯は失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外し可能な人工の歯を留めるものです。部分入れ歯は歯を削らずに済みますが、食べ物が詰まりやすく、虫歯や口臭の原因となりやすいので毎日丁寧なメンテナンス・ケアが大切です。
総入れ歯
総入れ歯は取り外し可能な人工の歯を顎の上にそのまま乗せる方法で、取扱いは非常に簡便ですが、どうしてもわずかな「ぐらつき」や「ズレ」が出てしまうことがあります。歯の欠損箇所がほとんどである場合、上顎もしくは下顎全体に渡る場合に総入れ歯を用います。
ブリッジ
ブリッジは失ってしまった歯の両側の歯を削って冠を橋渡しすることで欠損部分の歯を補います。ブリッジを装着するために両隣の健康な歯を削らなければなりませんが、しっかりと固定する義歯なので使用の際の違和感はあまりありません。

詰め物・被せ物について

詰め物(インレー)

詰め物(インレー)

虫歯が小さい場合、その虫歯の部分のみを削った後に詰め物(インレー)を詰め、治療が完了します。詰め物にも様々な種類があり、一般的には銀の詰め物を使用しますが、ご希望であればレジン(プラスチック)やセラミック(陶材)のものもご利用頂けます。


こちらは白く、あまり目立ちませんので女性の患者様によく好まれております。 治療法により保険適用のものと自由診療(保険適用外)のものがございますので、まずはご相談下さい。

被せ物(クラウン)

被せ物(クラウン)

被せ物(クラウン)は、虫歯などの治療により歯を削ってしまった後に被せる"人工の歯"のことで、「差し歯」といった呼ばれ方もしています。 詰め物(インレー)とは異なり、比較的削った範囲が大きな治療に用いられます。また、材質は詰め物と同様に金属で作られたものやレジン(プラスチック)でできたもの、セラミック(陶材)でできたものまで様々で、保険治療と自由診療(保険適用外)の場合で使える材料も異なりますので、治療の際にご相談下さい。

取扱クレジットカード

取扱クレジットカード
取扱クレジットカード

アクセス

〒849-0102
佐賀県三養基郡みやき町蓑原1039-1
TEL/FAX 0942-94-3492
駐車場    8台有り

ネット予約はこちら